造形メモ

超失敗! LCDパネルが壊れた状態で造形した結果 / 3Dプリンター

投稿日:

こんにちは、しげもん(@shigemon1227)です。

格安光造形タイプの3DプリンターのLCDパネルが故障した際に起きる症状をまとめました。

プラットフォームのレベリングや造形パラメータを設定しているのにも関わらず、ありえない失敗やとんでもない物体が造形されることが続く場合はLCDの故障が疑われます。

LCDパネルが故障した状態で造形した際の様子をまとめましたので、同様の症状が起きている場合はLCDを交換することで改善できます。

参考程度にご覧ください。

購入後、初めて造形する前は必ずLCDパネルの点灯確認をしましょう。

LCDパネルは消耗品

そもそも格安光造形機に搭載されているLCDパネルは消耗品です。

上手に使えば長持ちさせることもできますが、寿命はありますので不具合が出るようでしたら交換が必要です。

AnycubicやELEGOOなどの有名メーカーですとLCDパネル単体での販売もされています。

ある程度国内で流通している3DプリンターであればAmazonなどで消耗品を購入できるのですが、そこまで流通量が多くない3Dプリンターだと消耗品を購入するのに一手間かかってしまうこともあります。

(流通が確保されていないメーカーの製品だとLCDパネルをはじめとする消耗品やその他部品などが必要になった際、手に入らないこともあります)

よって、Amazonで消耗品を確保できるメーカーや国内正規代理店がある機種を購入することをオススメします。

最近では従来のRGBのLCDよりも寿命が長く短時間で造形が可能なモノクロLCDも普及してきていますが、モノクロLCDも消耗品ではありますので不具合が出れば交換する必要があります。

LCDパネル交換の合図・故障の症状

LCDパネルが故障した際はどのような症状が起きるのかをまとめました。

・何も造形されない

・部分的に造形がされない

・大きな面が造形される

その他あるかと思いますが、おおむねこの症状が多いようです。追って説明していきます。

①何も造形されない(LCDパネルが反応しない)

そもそもパネル自体が点灯しないためマスク処理が行えず、何も造形されないことがあります。

初期層が造形されない場合はプラットフォームのレベリング失敗などを疑ってしまうのですが、FEPフィルムにレジンが残っておらず造形された痕跡がない場合はLCDパネルの故障が可能性として挙げられます。

また、この症状の場合はLCD配線の接触不良の可能性もあるため、配線をしっかりつなぎ直すことで改善されることもあります。

発送時に配線がずれてしまった可能性もあるため、購入後はLCDの点灯確認は行う方がよいです。

②部分的に造形がされない(部分的な破損)

造形物の一部(面積的に)が造形されなかったり、何度も同じエリアの造形が失敗することがあります。

LCDの一部が欠けていたり、破損することによってその部分のマスク処理が行えなくなることが原因です。

部分的に破損しているLCDパネル

写真中央部分の黒い点はおそらくLCDが破損している部分です。

画像上面には太いライン上の影が見えます。このパネルは何度か造形後、次項③のようになりました。

③大きな面が造形される(広範囲の破損)

常に同じエリアが造形されたり、造形物と関係ない部分にレジンの固着が起きた場合はLCDが故障している可能性が高いです。

本来マスクされるべき部分以外に光が漏れている

光漏れしている状態で造形した例

LCDパネルに線が入ったりするとその部分だけレジンが固まってしまいます。

また、完全にパネルが壊れてしまった場合はマスク処理ができず、全面照射してしまうため大きな板が造形されます。

全面照射されてしまったレジンの塊…

毎回全面照射されていればその分だけの大きい四角の塊が造形されるはずですが、そういうわけでもないようです。

どうやらしっかり点灯する層もあったようです。

最後まで頑張ってくれたこのLCDは後日交換しました。

LCDの寿命は?

先述のとおりLCDパネルは消耗品ですので長時間・高頻度で造形する場合は故障する確率も高くなるかと思います。

少し前までは「LCDパネルの耐久時間は約200時間」と言われていましたが、あくまで目安です。

200時間以上使っても壊れない場合もありますし、短時間で壊れてしまうことも無いわけではありません。

また、使用されている環境や使い方、造形物の形状などによってパネルへの影響は異なりますので一概に言うことはできませんが、LCDを長持ちさせることは可能です。

LCDの故障の原因は?

先述のとおり、LCDパネルそのものの寿命もありますが、物理的な衝撃や圧力で壊れてしまうこともあります。

例えば、プラットフォームを取り外す際に手を滑らせてLCDの上に落してしまった、といった場合など強い衝撃をLCDパネルに加えてしまうと破損する原因になってしまいます。

また、造形失敗した際に出てしまったサポート材の欠片やゴミなどがバットのレジン内に残留している状態で新たな造形を開始してしまった場合、

降下してきたプラットフォームが固形残留物を押しつぶしLCDパネルへ圧力をかけてしまいます。

そういった場合にLCDへ負荷がかかり表面が割れたり、その部分が点灯しなくなってしまいます。

造形が成功しており脱落している部分が無いようでしたら続けて造形しても問題ないのですが、

造形脱落している部分があったり造形失敗していたりする場合は、できるだけバット内のレジンをろ紙で濾して残留物を取り除くことで予期せぬLCDパネルの破損を避けることができます。

毎回レジンをろ過するのは大変ですので、あくまで目立った脱落などがあった場合でよいかと思います。

LCD交換方法

LCDパネルの交換手順は機種にもよりますが、基本的にどの機種も構造は同じです。

本体のケースを開ける必要がありますので、その部分の分解手順が機種によって異なるといった感じです。

工程は別途パネルを購入して取り換えるだけです。

参考程度に各機種のLCD交換の様子をリンクしておきますので、ご活用ください。

Anycubic PhotonのLCD交換(公式動画)

ELEGOO MARSのLCD交換(公式動画)

Phrozen ShuffleのLCD交換(公式動画)

-造形メモ

執筆者:

関連記事

no image

FLASHFORGE Adventurer3(アドベンチャー3) ノズル距離の較正方法 / 3Dプリンター

こんにちは、しげもん(@shigemon1227)です。 FLASHFORGE Adventurer3(アドベンチャー3)で造形する際、 フィラメントが出ない フィラメントがプラットフォームに張り付か …

no image

洗浄機+UVランプの2in1 Anycubic Wash & Cure レビュー

こんにちは、しげもん(@shigemon1227)です。 Anycubicより発売されたWash&Cureのデモ機をレビュー用に送っていただいたため、使用していきます。 Wash & …

no image

これで解決!「何も造形されない」PhotonやMARSで脱落失敗しないZ=0設定とレベリングの方法

こんにちは、しげもん(@shigemon1227)です。 「造形が終わったのでフタを開けてみると何も造形されてなかった!」 「説明書通りにやってもうまくいかない!」 「ワクワクして待ってた時間返せ!」 …

no image

【レジンの温度管理】冬場の造形は失敗しやすい… / 光造形 3Dプリンター

こんにちは、しげもん(@shigemon1227)です。 冬場になると光造形の失敗率がグンと上がります。 原因は気温が下がることでレジンが紫外線によって反応がしづらくなるためです。 また、レジンが冷え …

no image

FLASHFORGE Adventurer3(アドベンチャー3) ノズル交換方法 / 3Dプリンター

こんにちはしげもん(@shigemon1227)です。 FLASHFORGEのAdventurer3(アドベンチャー3)・ワンプッシュノズル交換機能が搭載されています。 うちのAdventurer3は …